最初の郵便物が届いた。

ヒアリングマラソン 体験談

 

申込してから2日経過、何やら郵便物が届きました。

 

私の心に緊張が走ります。

 

 

最初の郵便物

 

翌月って書いてあったけど、もう教材が届いたのか!

 

なんて思ったのですが、内容をみたところ「コースガイド」でした。

 

ヒアリングマラソン 最初の郵便物

 

コースガイドにもしっかりと「目標は1000時間」と書いてあります。

 

う〜ん、気合いが入るぅ。

 

毎月の内容についていけるかどうかの不安はあるものの、ついていくしかない。

 

課題やテストも毎月あるのですが、自分なりの最大の力を出して乗り切るつもりです。

 

目標は1年で1000時間の意味

 

英語を母語としない日本人が、英語独特の音やリズム、スピード を身体にしみこませ、日本語を介さずに理解できるようになるには、一定期間、集中して生の英語を聞くことが大切。 その目安となる時間は、当講座の発足以来、35年以上にわたって寄せられた多くの学習者および識者の所見から、アルクでは1年で1000時間と考えています。

 

この文言、アルクのヒアリングマラソンのサイトででてきます。

 

1日3時間って難しいかも・・・最初はだれでもそう思いますよね。

 

実際の実践者の体験談を読むと、1日1時間くらいでも続けているという方も多いようです。

 

私も頑張ります。

 


TOPへ